ムルソー


以下のワイナリーはムルソー産のワインを生産しています。


ドメーヌ・デュブレール

1980年代後半に初めてブルゴーニュを訪れたブレア・ぺテルは、その土地、人々とワインに魅了され、それから数年に渡り渡仏を繰り返し、2003年に家族と共に移住しました。1年間農業とワイン醸造を学び資格を得た後、2004年からワイン造りを開始しました。彼にとってブルゴーニュのワインは単にシャルドネやピノ・ノワールを飲むという理解ではなく、バーガンディの土地そのもの、土壌、天候、太陽の光それら全てをボトルに詰めたものだと考えています。その土壌からできるワインの可能性を最大限に開花させるため、化学薬品や農薬は使用せず、耕作、収穫、醸造の全ての工程において、見習い時代に教わった“配慮と敬意”を大切にしています。

ドメーヌ ハイツ ロシャルデ

ワイナリーの歴史を紐解くと1857年にまで遡ります。フィロキセラ害によって売りに出ていた畑をジョルジュ・ロシャルデが購入した事が全ての始まりです。 1983年にジョルジュの孫娘ブリジットがクリスチャン・ハイツと結婚し、ハイツ・ロシャルデの名でブドウ栽培を始めました。収穫したブドウは全てボーヌのメゾン・ジョセフ・ドルーアンに販売していましたが、ブリジットの息子アルマン・ハイツが醸造学を学び、2012年から家族が所有する畑の一部区画でブドウ栽培を始めました。その後、ドメーヌ・ハイツ・ロシャルデを設立し、2013年ヴィンテージを初めてリリースしました。テロワールを最大限に引き出すため、畑ではビオディナミを実践しています。 糖と酸のバランスが最大限に取れたところで収穫し、ピノ・ ...

詳細を読む »

ドメーヌ・ユベール・ヴェルドロー

ドメーヌ・ユベール・ヴェルドローは1994年にティエボー・ユベールによって設立されました。ドメーヌの名前は母親マリー・フランス・ユベールへのオマージュとして彼女の旧姓、ヴェルドローに由来しています。ヴェルドロー家は1974年までヴォルネイでヴィニュロンを生業としていました。 1974年の父の引退を機に、マリー・フランスは2.90ヘクタールの畑を相続しましたが、当時は夫と3人の子供とともにアルザスに住んでおり、畑を貸し出すことにしました。ティエボーはストラスブールのホテル学校でホテル・マネージメントとソムリエの資格を習得し、カンヌのホテルで働いた後、ブルゴーニュの畑を受け継ぐ決意をし、3年間ボーヌの大学で栽培と醸造を学びながら、従兄弟が経営するヴォルネイのドメーヌ・ジャン・マー ...

詳細を読む »

ドメーヌ・ジャック・プリウール

ドメーヌ・ジャック・プリウールは18世紀末にムルソーに設立されたブルゴーニュでも屈指のドメーヌの1つです。 コート・ド・ニュイとコート・ド・ボーヌのプルミエ・クリュ、グラン・クリュを中心とした21ヘクタールの畑を所有し、モンラッシェ、シャンベルタン、ミュジニーなど素晴らしいワインを生み出しています。 1990年より醸造に携わるナディーヌ・ガブリンは、フランスの有名ワイン雑誌“レヴュー・ド・ヴァン・ド・フランス”で1997年に女性で初めてベスト・ワインメーカー・オブ・ザ・イヤーに輝いた実力者です。 類まれなるテロワールを重視したワインは美しい色合い、複雑なアロマ、そして芳醇な味わいを湛えています。  ...

詳細を読む »

ドメーヌ・ルーロ

2012年の生育期はヴィニュロンにとって最大の恐怖が続いた時期と言えるでしょう。予想以上に穏やかな気候により発芽は早くに始まり、その後気温が下がり4~6月は例年の200mmではなく300mmというは平均以上の雨が降りました。混沌とした開花により結実不良が起こり5月末にはミルドゥーが大発生しました。7月にはオイディムが発生、6月30日、そして8月の1日には強烈な雹害に見舞われ、その後8月の猛暑によりブドウが焼けるという状況に陥りました。  これらの難しい気候条件の結果、私たちのドメーヌでは例年に比べて約60%も生産量が減りました。雹害によりムルソー村の南部では35%、北部では80%ものブドウを失い、モンテリーの区画は全てのブドウを失いました。  言うま ...

詳細を読む »