アデレード・ヒルズ


以下のワイナリーはアデレード・ヒルズ産のワインを生産しています。


アシュトンヒルズ ヴィンヤード

アシュトン・ヒルズはステファン・ジョージによって1982年に設立され、オーストラリアの最高峰のピノ・ノワール生産者として世界的な評価を築いたワイナリーです。ワイナリーはピカデリー・ヴァレーに位置し、標高570mで年間平均降雨量は1,200mmで、アデレード・ヒルズの冷涼な気候の先駆者と考えられています。3ヘクタールの畑に5種のクローンのピノ・ノワールとわずか8列のリースリングが栽培されています。ベンチマークとなるピノ・ノワールと共に、卓越したリースリング、そして魅力的なスパークリング・ワインを生産しています。

ヘンチキ

ヘンチキ家ワイン醸造の歴史は、多くのシレジア人同様、宗教的しがらみからの解放を求め、故郷を捨て1841年にドイツから南オーストラリアへと移住した ヨハン・クリスチャン・ヘンチキによって1862年にキーントンの多様な畑に造られた小さなブドウ畑にさかのぼります。当初は家族や友人に振る舞うための みに造られていたワインも市場のニーズを受け、1868年以降一般販売されています。 ヘンチキ家では各世代がヘンチキの発展に貢献し、4代目のシリル・ヘ ンチキはブレンドワインやフォーティファイドが流行していた時代に、あえて品種豊かな単一畑を開拓しました。赤ワインの可能性を十分詰め込んだエデン・ ヴァレーのシラーズ、ヒル・オブ・グレースとマウント・エーデルストーンを1950年代に造ったことは彼の ...

詳細を読む »

ウィラ・ウィラ・ヴィンヤーズ

マクラーレン・ヴェイルに位置するウィラ・ウィラ・ヴィンヤーズは1894年に風変わりな人として地元で有名であったロバート・ストラングウェイズ・ウィグリーによって設立されました。 “ウィラ・ウィラ”とはアボリジニの言葉で“ゴムの木に囲まれた”という意味の地名です。 1900年代初頭に海外に輸出を始めた南オーストラリアで最初のワイナリーでしたが、ロバートの死後、ワイナリーは荒廃し見放されてしまいました。1969年にグレッグ・トロットと従兄弟のロジャーが数個のタンクが残るだけの荒れたワイナリーの立て直しに着手し、彼らの弛まぬ努力によって国内外で高い評価を得るまでに発展しました。 2013年にはバイオダイナミックの認証を取り、環境保護 ...

詳細を読む »