ナパ・ヴァレー


以下のワイナリーはナパ・ヴァレー産のワインを生産しています。


アニモ

“Animo(アニモ)”はイタリア語で“魂”を意味します。 これまでの経験からマイケル・モンダヴィ・ファミリーは、魂をもつ場所が存在すると感じており、 このワインはまさにそのような畑から造られています。 1999年にマイケル・モンダヴィ・ファミリーは、アトラス・ピークの頂上部(標高390-411メートル)のフォス・ヴァレーを見下ろす急斜面で石の多い 火山土壌畑6ヘクタールを購入し、その畑に110Rを植樹。そしてその台木にカベルネ・ソーヴィニョン【クローン4】を接ぎ木しました。 結果、ストラクチャーの良い果実は豊富なタンニンをもち、濃縮したダーク・フルーツの風味とバランスのとれた酸を持ち合わせた品種を生み出しました。  ...

詳細を読む »

エンブレム

モンダヴィ家は4代に渡ってナパ・ヴァレーのカベルネ・ソーヴィニョンを世界のファインワインの最前線へと導いてきました。父から子へと受け継がれた素晴らしい醸造技術と、それを支える芸術性や情熱に突き動かされ、ナパ・ヴァレーの中でも最も素晴らしい畑のカベルネ・ソーヴィニョンに特化したエンブレムを立ち上げました。

モンダヴィ家の考えるナパ・ヴァレーの過去と未来を反映させたワインで、彼らの醸造技術と素晴らしい土地が育むブドウから生まれる圧倒的なクオリティーを形にしています。

ジョセフ・フェルプス・ヴィンヤード

農場経営から始まったジョセフ・フェルプス社は1972年、カリフォルニアのセント・ヘレナ近郊、スプリングヴァレーにその名を冠したワイナリーを設立しました。大切に育てられたブドウ畑は起伏のある広大な牧場や、オークの森といった豊かな自然に囲まれています。また、多くの品種を生産するフェルプス社はナパ・ヴァレー・カルベネ・ソーヴィニヨンやバックス・ヴィンヤード・カベルネ・ソーヴィニヨン、そしてカルフォルニアで最も芳醇で深い味わいを持つインシグニアを世に送り出し世界的に高い評価を得ています。