サウス・オーストラリア


サウス・オーストラリア ワイナリー


アシュトンヒルズ ヴィンヤード

アシュトン・ヒルズはステファン・ジョージによって1982年に設立され、オーストラリアの最高峰のピノ・ノワール生産者として世界的な評価を築いたワイナリーです。ワイナリーはピカデリー・ヴァレーに位置し、標高570mで年間平均降雨量は1,200mmで、アデレード・ヒルズの冷涼な気候の先駆者と考えられています。3ヘクタールの畑に5種のクローンのピノ・ノワールとわずか8列のリースリングが栽培されています。ベンチマークとなるピノ・ノワールと共に、卓越したリースリング、そして魅力的なスパークリング・ワインを生産しています。

デューンズ&グリーン

デューンズ&グリーンは個性と華やかさを兼ね備えたスパークリングワインを生産するため、南オーストラリアの最も上質な地域でブドウを栽培しています。

優雅で快活なワインメーカー、テレサ・ヒューゼンローダーによって生み出される洗練されたワインです。

ヘンチキ

ヘンチキ家ワイン醸造の歴史は、多くのシレジア人同様、宗教的しがらみからの解放を求め、故郷を捨て1841年にドイツから南オーストラリアへと移住した ヨハン・クリスチャン・ヘンチキによって1862年にキーントンの多様な畑に造られた小さなブドウ畑にさかのぼります。当初は家族や友人に振る舞うための みに造られていたワインも市場のニーズを受け、1868年以降一般販売されています。 ヘンチキ家では各世代がヘンチキの発展に貢献し、4代目のシリル・ヘ ンチキはブレンドワインやフォーティファイドが流行していた時代に、あえて品種豊かな単一畑を開拓しました。赤ワインの可能性を十分詰め込んだエデン・ ヴァレーのシラーズ、ヒル・オブ・グレースとマウント・エーデルストーンを1950年代に造ったことは彼の ...

詳細を読む »

ジム・バリー

ジム・バリーがクレアでワイン造りをスタートしたのは1947年、今は有名なローズワーシー農業大学で醸造学のディプロマを取得し卒業した年です。彼はク レアヴェイル・ワイナリーでの仕事のオファーを受け、クレア・ヴァレーで資格をもった初めてのワインメーカーとなりました。1959年、ジムと彼の妻、ナ ンシーはクレアの北部郊外に初めて土地を購入しました。十数年で得た全ての知識と経験を基に、1973年に自身のワイナリーを設立しました。ファースト・ ヴィンテージは1974年です。57年に渡るワイン造りの中で、晩年様々な変化を目の当たりにしました。 「初めてクレア・ヴァレーに来た時、馬と荷馬車でブドウを運んでいました。今日、私たちのビジネスは国際的な規模になりましたが、ひとつだけ変わらないも のが ...

詳細を読む »

キリカヌーン

オーナーであり、醸造責任者のケヴィン・ミッチェルは、クロノドルフ、ダーレンベルグ、キングストン・エスート、オーランド、BRLハーディ、ケンダル・ジャクソン、ウィラメット・ヴァレー(米国)など数々の国内外のワイナーで醸造の経験を積み、1998年にキリカヌーンとしての2種類のワインを初リリースしました。 ミッチェル家は元々クレア・ヴァレーで30年以上栽培家として活躍してきましたが、ケヴィンがスキロガレ・ヴァレーにあるキリカヌーンと知られていた設備を購入し、その名が与えられました。シラーズやリースリング、カベルネなど主なブドウは、 25年前にクレア・ヴァレーのリーシングハム地区にあるモーツブロックとブロック・ロードの区画の中に植えられており、高い樹齢を誇ります。 ...

詳細を読む »

ザ・ラッキー

The Lackeyというネーミングは素晴らしい仕事をしているのに給料が安い、つまり非常にコストパフォーマンスの高いワインという意味をユーモアたっぷりに表現したものです。最良のブドウをKillerman’s Runシリーズに使い、その残りをThe Lackeyに使用している点ではセカンド的な位置づけにありますが、このワインにかける生産者の情熱は一番なのです。 

ウィラ・ウィラ・ヴィンヤーズ

マクラーレン・ヴェイルに位置するウィラ・ウィラ・ヴィンヤーズは1894年に風変わりな人として地元で有名であったロバート・ストラングウェイズ・ウィグリーによって設立されました。 “ウィラ・ウィラ”とはアボリジニの言葉で“ゴムの木に囲まれた”という意味の地名です。 1900年代初頭に海外に輸出を始めた南オーストラリアで最初のワイナリーでしたが、ロバートの死後、ワイナリーは荒廃し見放されてしまいました。1969年にグレッグ・トロットと従兄弟のロジャーが数個のタンクが残るだけの荒れたワイナリーの立て直しに着手し、彼らの弛まぬ努力によって国内外で高い評価を得るまでに発展しました。 2013年にはバイオダイナミックの認証を取り、環境保護 ...

詳細を読む »

位置情報