モーニントン・ペニンシュラ


モーニントン・ペニンシュラ ワイナリー


クーヨン

モーニントン・ペニンシュラ地域の北端、トゥーロングに1995年に設立されました。93ヘクタールの土地を所有し、水鳥の生息地に隣接しています。クーヨンという名前は“野鳥が集まる場所”という意味を持っています。

シャルドネとピノ・ワールだけに特化したワイナリーで、どちらもペニンシュラの涼しい海洋性気候に適しています。2006年ヴィンテージよりクロナールとマサールに限り厳選した買い付けブドウを若干使用していますが、その他のワインは100%自社畑のブドウを区画ごとに瓶詰めするという新進気鋭のワイナリーです。


位置情報