ローヌ


ローヌ ワイナリー


シャトー・ド・ボーカステル

ペラン・ファミリーがシャトー・ド・ボーカステルを購入したのは1909年の事です。 2代目のピエール・ペランがブドウ畑を広げ、3代目のジャック・ペランが全ての基礎を築き上げました。彼は1950年代当時、まだ誰も実践していなかった有機農法を取り入れ、またムールヴェードルの可能性に着目し、栽培北限地であるシャトーヌフ・ド・パプでの栽培に力を入れました。彼の哲学は2人の息子、ジャン・ピエールとフランソワ、そして5代目となる孫達によって着実に受け継がれています。 現在シャトーヌフ・デュ・パプのアペラシオンに70ヘクタール、コート・デュ・ローヌのアペラシオンに40ヘクタールの畑を所有し、13品種全てを栽培・ブレンドするという伝統を守り続けています。そのブレンド技術は父から子へと継承 ...

詳細を読む »

ドメーヌ・ジャメ

コート・ロティは南ローヌ地方に位置し、ローマ人が初めてブドウを栽培した場所として広く認められています。アンピュイ村のドメーヌ・ジャメが造るワインは生産量が非常に限られています。

カーヴでは完全に重力に従って作業を行うため、ブドウを強くプレスしたり果汁をポンプで汲み上げることはありません。
9ヘクタールの畑を所有し、そのうち6ヘクタールの畑の平均樹齢は25~50年です。残りの3ヘクタールは最近植えられました。使用するブドウの75%はコート・ブリューヌ、残りの25%はコート・ブロンドの畑のものです。リュット・レゾネで栽培しています。

ファミーユ・ペラン

ペラン・ファミリーがシャトー・ド・ボーカステルを購入したのは1909年の事です。 2代目のピエール・ペランがブドウ畑を広げ、3代目のジャック・ペランが全ての基礎を築き上げました。彼は1950年代当時、まだ誰も実践していなかった有機農法を取り入れ、またムールヴェードルの可能性に着目し、栽培北限地であるシャトーヌフ・ド・パプでの栽培に力を入れました。彼の哲学は2人の息子、ジャン・ピエールとフランソワ、そして5代目となる孫達によって着実に受け継がれています。 現在シャトーヌフ・デュ・パプのアペラシオンに70ヘクタール、コート・デュ・ローヌのアペラシオンに40ヘクタールの畑を所有し、13品種全てを栽培・ブレンドするという伝統を守り続けています。そのブレンド技術は父から子へと継承 ...

詳細を読む »

ラ・ヴィエイユ・フェルム

シャトーヌフ・デュ・パプを代表するシャトー・ド・ボーカステルのオーナー、ペラン・ファミリーが手掛けるワインでファースト・ヴィンテージは1970年です。

ラ・ヴィエイユ・フェルムとは“古い農家”という意味で、このワインの生みの親、ジャン・ピエール・ペランが住んでいる家をモデルにしています。

コストパフォーマンスの高い日常ワインとしてフランス国内はもとより、ワイン先進国でも大変人気があります。ラベルには昔飼っていた鶏がデザインされていますが、フランスの国鳥を描くことでフランスワインということを分り易く表現しています。

ピエール・ゴノン

ゴノン家はサン・ジョセフのアペラシオンが生まれる以前より、モーヴ村に居を構えていました。先見の明があったピエール・ゴノンは白ワイン造りの可能性を信じ、1958年にマルサンヌを植えました。今日、ワイナリーは息子のピエールとジャンに引き継がれています。 父の功績により、白ワインの畑として最も有名な、“Les Oliviers(レ・ゾリヴィエ)”の区画にある素晴らしい古木から、秀逸なワインが生み出されています。モーヴ、トゥールノン、サン・ジャン・ド・ミュゾルに位置する9ヘクタールの畑でワインを造っています。その内、シラーは7ヘクタール、ルーサンヌ、マルサンヌは2ヘクタールをレ・ゾリヴィエの区画に所有しています。マサール・セレクションの畑の樹の平均樹齢は30年で、高 ...

詳細を読む »

位置情報