ドメーヌ ハイツ ロシャルデ

ワイナリーの歴史を紐解くと1857年にまで遡ります。フィロキセラ害によって売りに出ていた畑をジョルジュ・ロシャルデが購入した事が全ての始まりです。

1983年にジョルジュの孫娘ブリジットがクリスチャン・ハイツと結婚し、ハイツ・ロシャルデの名でブドウ栽培を始めました。収穫したブドウは全てボーヌのメゾン・ジョセフ・ドルーアンに販売していましたが、ブリジットの息子アルマン・ハイツが醸造学を学び、2012年から家族が所有する畑の一部区画でブドウ栽培を始めました。その後、ドメーヌ・ハイツ・ロシャルデを設立し、2013年ヴィンテージを初めてリリースしました。テロワールを最大限に引き出すため、畑ではビオディナミを実践しています。

糖と酸のバランスが最大限に取れたところで収穫し、ピノ・ノワール、シャルドネ双方とも全房発酵を行います。これにより複雑性や凝縮感が増すと考えています。軽くプレスした後、ほぼ濁った果汁のまま澱と共に樽で約一年間熟成させます。毎年少しずつ畑を増やしながら意欲的にワイン造りを行っており、ブルゴーニュの未来を担う若手醸造家としてジャシス・ロビンソンも注目している期待の新星ワイナリーです。

住所

24 RUE CHARLES PAQUELIN, 21190 Chassagne-montrachet France

生産国

フランス

地方

ブルコーニュ

アペラシオン

ブルゴーニュ, シャサーニュ・モンラッシェ, シュヴァリエ・モンラッシェ, ムルソー, ポマール, ヴォルネイ


このワイナリーからのワイン


ドメーヌ・ハイツ・ロシャルデ ポマール・プルミエ・クリュ・クロ・デ・プチュール・モノポール

淡いルビー。非常にリッチで楽しい。焼けた果実の香りで味わいは愛らしいフレッシュ・フルーツ。よく開いておりとてもチャーミング。シリアスで長期熟成タイプのポマールとは全く異なる、フレンドリーで野性味があり、バランスの取れた陽気なワイン。

詳細 »
¥14,000