チェパレッロ 2013

New
チェパレッロ

¥11,000

売り切れ

チェパレッロのコンセプトやスタイルは1970年代後半にパオロ・デ・マルキによって開発されました。 イゾレ・エ・オレーナの畑の最も標高が高い場所を流れる”ボッロ・チェパレッロ”という小川にちなんで名付けられています。
プレス後、果皮とともに21~28日間発酵させます。デレスタージュとポンピングオーバーは一日2回施します。発酵温度は32度~34度。
マロラクティック発酵の後、フレンチもしくはアメリカン(全体の5~10%のみ)オークの新樽、1年樽、2年樽に3分の1ずつ移し、14~18ヶ月熟成させます。その後さらに1年瓶熟。イゾレ・エ・オレーナの畑の最も標高が高い場所を流れる”ボッロ・チェパレッロ”という小川にちなんで名付けられています。濃く凝縮していますが、フィネスが熟したブラックフルーツのピュアな味を引き立てます。
生き生きとした色、フレッシュなアロマ、繊細な個性を持つワインです。力強いフルーツはミネラルや甘草のニュアンスと混じり合い、長い余韻ときめ細かいタンニンが残ります。 

■ 葡萄品種
サンジョヴェーゼ100% 

 

このワインについて


生産国 イタリア
地方 トスカーナ
アペラシオン IGT
ワイナリー イゾレ・エ・オレーナ
ヴィンテージ 2013
ブドウ品種 サンジョベーゼ
ナチュラルコルク
容量 750ml
アルコール度数 14%
商品コード 7552013
在庫 売り切れ

生産情報


ワイナリー


ワイナリー情報

イゾレ・エ・オレーナは1950年代に”イゾレ”と”オレーナ”の二つの隣接した畑をデ・マルキ家が購入し、合併して設立されたワイナリーです。トスカー ナ州にあるキャンティ・クラシコの中心地に位置しています。

1950年代初めに、デ・マルキ家は少しずつ小作制度を廃止し、新しくブドウを植え、ワインセ ラーを拡大しました。現在では、イゾレ・エ・オレーナの畑はパオロ・デ・マルキとその家族によって管理されています。ピエモンテ北部で3世代に渡りワイン 造りを受け継ぐ家系に生まれたパオロは、イタリアの最も優れたワインメーカーの一人として広く知られています。自らの技術を生かしながら、キャンティの先 駆者の一人としてワイナリーを確立することを目標に、1976年から経営に乗り出しました。その頃、セラーを近代化し、実験的に小区画の畑を作りました。

4つのブドウ品種を使用する伝統的キャンティ・クラシコのブレンドは、徐々に白ブドウの量を減らす方向に移行し、最終的には一切の使用が無くなりました。 その結果、イゾレ・エ・オレーナのキャンティは軽く若飲みのスタイルから今のフルボディで熟成型のワインへと生まれ変わりました。   

このワインのレビューを書く